偶然性の精神病理 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.60
  • (4)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000103

作品紹介・あらすじ

偶然の結果としての個々人の生と、必然として生きねばならない個々人の生の絡み合いから起こる精神現象。この「生命のアクチュアリティ」をどのように理解すべきか。精神分析学、西欧哲学、西田哲学などを爼上に乗せながら、人間の「こころの病」をあくまで事実の学として探究する独自の現象学的人間学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうやら「あいだ」が重要らしい。

  • 僕の実存に関する観念を正しくさせてくれた書物です。また、医学的な解釈が僕にはわかりやすく、この書物で木村先生のファンになりました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1931年生まれ。1955年、京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻。1981年第3回シーボルト賞(ドイツ連邦共和国)、1985年第1回エグネール賞(スイス、エグネール財団)、2003年第15回和辻哲郎文化賞受賞。

偶然性の精神病理 (岩波現代文庫)のその他の作品

偶然性の精神病理 ハードカバー 偶然性の精神病理 木村敏

木村敏の作品

ツイートする