竹内好「日本のアジア主義」精読 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.07
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000141

作品紹介・あらすじ

近代日本への根源的批判を投げかけ続けた自立の思想家、竹内好の1963年発表の「日本のアジア主義」は、戦後思想の暗部に大きな楔を打ち込み、いまなお真の解読を待つ。竹内の思想のよき理解者である著者は、この劇薬的論考を実証補強しつつ、日本にとってアジアとは何だったのか、「大東亜戦争」と満州国の意味、ナショナリズムの可能性等々、戦後思想の未決の諸問題を考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    近代日本への根源的批判を投げかけ続けた自立の思想家、竹内好の1963年発表の「日本のアジア主義」は、戦後思想の暗部に大きな楔を打ち込み、いまなお真の解読を待つ。
    竹内の思想のよき理解者である著者は、この劇薬的論考を実証補強しつつ、日本にとってアジアとは何だったのか、「大東亜戦争」と満州国の意味、ナショナリズムの可能性等々、戦後思想の未決の諸問題を考察する。

    [ 目次 ]
    日本のアジア主義(竹内好)
    アジア主義は終焉したか―竹内好「日本のアジア主義」精読(戦後思想やアカデミズムの封印を破った;「屈辱」のアジア、あるいは中野正剛問題;孫文の講演「大アジア主義」をめぐって;削除された孫文「大アジア主義」の結語;中野正剛から重光葵(「大東亜共同宣言」)まで
    「大東亜共栄圏」思想はアジア主義の帰結か
    谷川雁の「アジア的なコンミューン」
    1964年社会転換説
    「アジアの繁栄」という言葉
    西洋的価値を「包み直す」)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 亜細亜主義者を自称する自分にとっては、考えさせられることの多い本でした。
    竹内好が「日本のアジア主義」を書いた1963年から40年以上経つわけで、アジアの状況そのものが大きく変わっているなかで、亜細亜主義という考え方を今にどう生かすか、単純な継承ではダメだという松本健一の解説も納得です。

    また、松本氏が唱える「1964年転換説」
    この年を境に、日本人の理想の人物が西郷隆盛から坂本竜馬になった、
    という説は、あらためて納得するとともに、それがいいことだったのか、あらためて問いなおすすべきだと感じました。

  • 日清戦争までの日本は国際的には小国で、清は大国だった。軍備において劣勢だった日本が清国を破ったのは、日本が近代化された国民軍だったのに、相手が軍閥の私兵だったから。
    岡倉天心は、アジアはひとつでなければならない、と主張していた。
    アジアは民族的固有性において、なかんずくその文化において多様である。その多様なるアジアが共生というアジア的価値において西洋を包みなおす。

全3件中 1 - 3件を表示

松本健一の作品

ツイートする