カントの時間論 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000400

作品紹介・あらすじ

アリストテレス以来、時間について最も根源的な思索を展開したカント。その時間論が結実した書でもある『純粋理性批判』を気鋭の哲学者が徹底的に読み解き、時間・自我・外的世界の連関を根底から揺さぶる衝撃の著作。カントの構想した、時間と私をつなぐ危うくも唯一の回路とは何か。そしてその地平から見えてくる世界とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっそ、ってかんじ。

  • 何度も何度も読み返さなくては、意味が解りません。
    しかしその分、考察力・読解力・思考力が高まります。
    フィクションを読む気分でないとき、没頭できます。
    なるほど、と一人頷きながら読むこと必須。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。
東京大学法学部卒業。同大学院哲学専攻修士課程修了。ウィーン大学で哲学博士号取得。電気通信大学教授を経て、現在は「哲学塾カント」を主宰。専攻は時間論、自我論。
著書に『哲学の教科書』『「時間」を哲学する』『ウィーン愛憎』『「私」の秘密』『「純粋理性批判」を噛み砕く』『哲学塾授業』『差別感情の哲学』『不在の哲学』ほか多数。

「2018年 『カントの「悪」論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カントの時間論 (岩波現代文庫)のその他の作品

中島義道の作品

カントの時間論 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする