戦時期日本の精神史―1931‐1945年 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.70
  • (7)
  • (12)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000509

作品紹介・あらすじ

カナダの大学で学生に向け語られた、広い視野からの現代日本思想史前篇。ファシズム支配下の日本知識人の軌跡を通して「転向」の事実と意味を問い直し、それが日本の精神史を貫く「文化の鎖国性」という特質と通底することを明らかにする。知識と思想のあり方に反省を迫る独自の日本文化論でもある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史的事象とは、人々の思想・感情の潮流がその時々に記録した「結果」だ。
    だからこそ出来事の羅列ではなく、精神史をストーリーの形で語ることでしか
    見えてこないものがある。
    しかし精神史を広く平等な視座で語れる人がどれほどいるのか。
    なにしろ思想・感情の話である。
    その難解な仕事に、鶴見俊輔ほどふさわしい人物はいないだろうと思わされる本作だった。

  • アメリカから戦争末期に交換船で帰ってきた人。最近まで生きていた。

  •  坂口安吾氏の本を読んだ後だったので、別の内容を期待したのだが、難しかった。

  • 移動中にあまり気負わずに、気楽な気持ちで読んだ。
    鶴見俊輔の言葉は一貫してさらっとしているが明晰である。世界が極めて歪んた時期、人が人であり続けるのが難しかった混迷の時代をまともに語る本書は、それゆえに超現実的に聞こえる。

  • [ 内容 ]
    カナダの大学で学生に向け語られた、広い視野からの現代日本思想史前篇。
    ファシズム支配下の日本知識人の軌跡を通して「転向」の事実と意味を問い直し、それが日本の精神史を貫く「文化の鎖国性」という特質と通底することを明らかにする。
    知識と思想のあり方に反省を迫る独自の日本文化論でもある。

    [ 目次 ]
    一九三一年から四五年にかけての日本への接近
    転向について
    鎖国
    国体について
    大アジア
    非転向の形
    日本の中の朝鮮
    非スターリン化をめざして
    玉砕の思想
    戦時下の日常生活
    原爆の犠牲者として
    戦争の終わり
    ふりかえって

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 日中戦争と太平洋戦争を単一の戦争ととらえるべきかどうか、その一点において鶴見とたとえば佐藤優の議論は大きく分かれる。大川をアジア主義者として評価する佐藤の立場からすれば、日米開戦は日中戦争をアジア解放戦争と位置づける上で避けられなかったと捉えるのが自然であろう。つまり単一の戦争と認識しなければ、歴史事実のご都合主義的つまみ食いになってしまう。
    江藤淳の「無条件降伏批判」に対する反論も。

  • 東大新人会や共産党のことをはじめ、「転向」の問題など、知識の不足が目立つ。

    鶴見はこれらの問題を説明しているのではなく、そうしたことをある程度は前提にしつつ語っているので、まず土台がぐらぐらだと彼の論を十分にわからないだろう。

  • 1931〜1945年の日本が、どのように軍国主義化したか、それに対抗した人々はどのような人々で、どのようにしたのか。いわば、日本転向史である。15年戦争観からの国内イデオロギー史としてわかりやすく、読みやすくまとまっていると思う。講義録というものの性質上あまり強いメッセージが投げかけられてくるわけではないが、訴えられていることは重要である。それはつまり、この著者がリリアン・ヘルマンを引用しているところによれば、「まともであること」とはどういうことか、ということである。社会の潮流や大きな権力を前にしても、「まともであること」。
    戦争の教訓は何か、それは多様に語ることができようが、この本から得られるそれが、もっとも重要で貴重なものであろうと思う。

  • 戦時中はもちろん、今の世の政治、経済、マスコミ、人倫その他、いたるところでまともでなくなりつつあるなか、日本の大きな知識人である鶴見俊輔氏の言葉『生き方のスタイルを通してお互いに伝えられるまともさの感覚は、知識人によって使いこなされるイデオロギーの道具よりも大切な精神上の意味をもっています。』に励まされる。

  • 78年から80年にかけてカナダの大学での講義を納めたもの。なのでやや思想的に古い箇所が散見されるが、それを補って余りあるほどの内容の本。
    当時の日本人の思想がどのようなものであったか知りたい人は必読の書。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1922年東京生まれ。哲学者。15歳で渡米、ハーヴァード大学でプラグマティズムを学ぶ。アナキスト容疑で逮捕されたが、留置場で論文を書きあげ卒業。交換船で帰国、海外バタビア在勤部官府に軍属として勤務。戦後、渡辺慧、都留重人、丸山眞男、武谷三男、武田清子、鶴見和子と『思想の科学』を創刊。アメリカ哲学の紹介や大衆文化研究などのサークル活動を行う。京都大学、東京工業大学、同志社大学で教鞭をとる。60年安保改定に反対、市民グループ「声なき声の会」をつくる。六五年、ベ平連に参加。アメリカの脱走兵を支援する運動に加わる。70年、警官隊導入に反対して同志社大学教授を辞任。著書に『鶴見俊輔集』(全17巻、筑摩書房)『鶴見俊輔座談』(全10巻、晶文社)『鶴見俊輔書評集成』(全3巻、みすず書房)『戦後日本の大衆文化史』『戦後日本の精神史』(岩波書店)『アメノウズメ伝』(平凡社)ほか。

戦時期日本の精神史―1931‐1945年 (岩波現代文庫)のその他の作品

鶴見俊輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

戦時期日本の精神史―1931‐1945年 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする