戦後日本の大衆文化史―1945‐1980年 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (3)
  • (2)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000516

作品紹介・あらすじ

日本思想史の本を、何年にカントが初めて紹介され、紹介した人は誰だというふうに、書きたくないと思った-戦後日本の文化状況を、漫画、流行歌、テレビドラマなどに映し出される、庶民の生活様式や意識の基層にまでたちかえって把握した独自の思想史。『戦時期日本の精神史』に続く柔軟な視点からの日本思想史完結篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784006000516

  • [ 内容 ]
    日本思想史の本を、何年にカントが初めて紹介され、紹介した人は誰だというふうに、書きたくないと思った―戦後日本の文化状況を、漫画、流行歌、テレビドラマなどに映し出される、庶民の生活様式や意識の基層にまでたちかえって把握した独自の思想史。
    『戦時期日本の精神史』に続く柔軟な視点からの日本思想史完結篇。

    [ 目次 ]
    占領―押しつけられたものとしての米国風生活様式
    占領と正義の感覚について
    戦後日本の漫画
    寄席の芸術
    共通文化を育てる物語
    六〇年代以後のはやり歌について
    普通の市民と市民運動
    くらしぶりについて
    旅行案内について

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 学部時代に輪読した懐かしい本。

  • このころの大衆文化っていうのはほんとに大衆文化。と、いうのは、老若男女が同じ方向に動いてる感じがある。やはり戦後復興から経済絶頂へ向かう時期だけあって、いまでは見られなくなった活気がある。このあとに『新人類』がでてきて、文化に断層が見え始めるんですなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

戦後日本の大衆文化史―1945‐1980年 (岩波現代文庫)のその他の作品

鶴見俊輔の作品

戦後日本の大衆文化史―1945‐1980年 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする