魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)

著者 : 中村雄二郎
  • 岩波書店 (2001年12月14日発売)
3.54
  • (3)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 45人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000707

作品紹介

バリ島の文化に深く根をおろし、演劇の主人公として人々と共に生きている魔女ランダと、近代社会の根源的な問い直しを企てる哲学者との豊饒な出会い。死や痛みを含む「パトスの知」から、二分法的な思考を越え我々の世界観を根底から揺さぶる「臨床の知」、「演劇的知」へ。既成の知のあり方を問い、そのダイナミックな組換えを追求する。

魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バリ島の「魔女ランダ」との出会いから、「パトスの知」、「演劇的知」を追求していく哲学書ですが、第2章辺りから、難解になっていきます。

  • 魔女ランダから派生した様々の思考を1冊の本にしているので、
    頭の「魔女ランダ」について書いているところと、
    後半~の「荒れる子供」や「女性問題」は、全く別の本と言って良いくらい。

    それぞれに面白く読んだけど、「魔女ランダ」についての部分は、
    著者が日本の土着の神々の事とかにもう少し詳しければ尚興味深い内容になったのじゃないか…と、ちょっと残念。
    どちらかと言うと、一神教的な視点からの考察に感じられた。
    漠然と、「日本人になら、すんなり受け入れられそう…」と感じたから尚更。

    「演劇」というものに、全く縁がないので「演劇的知」については、外から「へぇ~」と読んだ感じ。

    「子ども…」以降は、自分の考えと近い部分もあって面白かった。

    小難しい内容だけど、1冊で4冊分くらいの価値はあると思う。

  • 119

全3件中 1 - 3件を表示

魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)のその他の作品

中村雄二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クロード・レヴィ...
J.L. ボルヘ...
フランツ・カフカ
ウンベルト エー...
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする