聖書時代史―旧約篇 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.79
  • (4)
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000981

作品紹介・あらすじ

旧約聖書はイスラエル・ユダヤ民族の波瀾万丈の歴史を記すが、そこで描かれるのはあくまで、後の時代に「信じられた」歴史である。本書は最新の歴史的・考古学的研究の成果を盛り込み、イスラエル人のパレスチナ定着からローマのユダヤ征服に至るまでの聖書の記述の背後に、どのような「もう一つの」真実の歴史があったのかを明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史の勉強にはなった。が、難しい・・・

    再読:いろいろ、イスラエルやユダヤについて勉強した後に読んでみるとすごく勉強になった。細かいことなども描かれておりわかりやすかった。時代背景やまわりの国々の情勢なども細かく描かれており、理解しやすくなっていた。

  • 時代史的展開を試みたタイトル、しかしやはり不明というか、不鮮明な部分が多すぎて、歴史的なつながりをやや欠いてしまうのは、致し方ないところなのか。

  •  『聖書時代史 旧約篇』は、1992年(著者41歳)に教文館から刊行された『旧約新約聖書時代史』の大幅改訂版。2003年(著者52歳)に岩波現代文庫版として刊行された。現代文庫版は、「新約篇」との2分冊。
     なお、底本は1997年(著者46歳)に改訂版として刊行されていたもの。

  • パレスチナ地方は一応「アジア」ということになってますので東洋史で分類しておきます。さて、この本はオリエントにおける「イスラエル人」の形成からイエス誕生前夜までの「ユダヤ人」を中心とした時代史です。神話・物語・英雄譚などなど説話的な要素で構成された『旧約聖書』を中心史料として紀元前のパレスチナ地方の歴史をたどる方法は非常に困難であり、そのためまだまだ議論が尽くされていない研究ですが、それでもなお、イスラエル人の作った宗教がなぜ「ユダヤ教」と呼ばれているのかなど、高校世界史の知識しかない私にとっては「目からウロコ」の学説が随所に見られます。少々細かすぎて当該地域・対象を研究している人以外ついて行けないところも多々見られますが、読むだけだったらそんなに分量もなく手軽に読める本だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

山我哲雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
デュルケーム
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

聖書時代史―旧約篇 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする