囲碁の民話学 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001230

作品紹介・あらすじ

正方形の盤面上で黒白の石によって競われる囲碁は、壮大深遠なシンボリズムを蔵する宇宙論的世界である。碁盤は大地の隠喩であり、四隅は四季をあらわし、三六一目は一年に相当する。童子や老賢者が碁に興じる民話は、文化の深層へとわれわれを誘っていく。囲碁を入口にして中国の豊かな精神世界を旅する歴史人類学の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 民話学という題には少し違和感があります。
    いろいろな歴史書や、文学を引用していますので、「囲碁の歴史と文学」の方がぴたっとくる感じです。

    囲碁好きの方なら、過去の歴史や文学をふりかえりながら、読むと、楽しみがまた増えると思われます。

全1件中 1 - 1件を表示

囲碁の民話学 (岩波現代文庫)のその他の作品

囲碁の民話学 単行本 囲碁の民話学 大室幹雄
囲碁の民話学の詳細を見る 単行本 囲碁の民話学 大室幹雄

大室幹雄の作品

ツイートする