毛沢東の朝鮮戦争―中国が鴨緑江を渡るまで (岩波現代文庫)

著者 : 朱建栄
  • 岩波書店 (2004年7月16日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001261

毛沢東の朝鮮戦争―中国が鴨緑江を渡るまで (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝鮮戦争の実証学的研究(この言葉も使い過ぎだが・・)。
    朝鮮戦争は、米中直接対戦であった、というのはまごう事無き事実であり、米軍を中心とする国連軍と、初戦は朝鮮人民軍との戦いであった。

    やはり最初に侵攻をしたのは朝鮮人民軍であり、最初はスターリンも同意をしているわけではなかった。ただしキム・イルソンは「小国ゆえの圧力」を演じ、韓国侵攻に同意したわけである。

    また毛沢東が義勇軍を送ることについて、「ソ連の空軍援助」があることが必須であると考えていた。しかしながらソ連が渋ったこともあり、二転三転する。毛沢東は考えた結果、「進歩的防衛」ということで、朝鮮に義勇軍を送ることにした。もっとも、毛沢東はかなりの大博打であることを見据えていたようだ。

    これは著者の修士論文のようであり、かなり難しいところもあるし、文脈が複雑なように思えるところもある。しかしかなり緻密な文献研究がなされており、資料的価値もあると思われる。

全2件中 1 - 2件を表示

毛沢東の朝鮮戦争―中国が鴨緑江を渡るまで (岩波現代文庫)のその他の作品

朱建栄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

毛沢東の朝鮮戦争―中国が鴨緑江を渡るまで (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする