明治の東京計画 (岩波現代文庫)

著者 : 藤森照信
  • 岩波書店 (2004年11月16日発売)
3.76
  • (4)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 106人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001339

明治の東京計画 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 武士が去った後の江戸(東京)において、どのような都市計画が進めれてきたかを資料に基づき説明がなされている。
    火事や歩道など都市計画のキーワードからも読み進められるようになっている。巻末の図表(資料)の豊富さに驚いた。
    読む人が少なく図書館の書庫に入っているのがもっとないくらいの名著。

  •  藤森照信『明治の東京計画』

     銀座煉瓦街計画、防火計画、市区改正計画、官庁集中計画…明治期の四つの計画から構成されている本です。
     内容はとにかく面白いです。
     江戸の名残を残した街が、いかにして近代的な「東京」に変化していったのか、凄く面白かったです。
     今の東京に直結はしませんが、その土台のようなものは見えてきます、面白いです。
     面白いしか言ってませんね、でも本当に面白いです(笑)

     個人的には井上馨の扱いが…(笑)

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    武士が去り、荒廃した町・江戸。そこから、近代国家の首都としての東京はいかに創られたのか。銀座煉瓦街建設や壮大な官庁集中計画で気をはいた欧化主義者たち、防火計画と市区改正で地道に都市計画をすすめた内務官僚、築港計画など商業都市を夢描いた新興企業家の面々。新時代の都市像をめぐる熱いドラマを、豊富な資料をもとに生きいきとよみがえらせた名著。図版多数収録。

  • 図版が豊富。読み応えあり。

  • 都市計画の存在しない都市と呼ばれる東京の成り立ちを、資料や図版を元に都市計画史の視点から論じた一冊。

  • 「誰が、何を夢見て、いまの東京をつくったのか?」
    明治の大立者(?)がそれぞれ腕によりをかけて描こうとした、明治/東京の都市計画。

全6件中 1 - 6件を表示

明治の東京計画 (岩波現代文庫)のその他の作品

明治の東京計画の詳細を見る 単行本 明治の東京計画 藤森照信
明治の東京計画 (同時代ライブラリー) ペーパーバック 明治の東京計画 (同時代ライブラリー) 藤森照信

藤森照信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイン ジェイ...
クロード・レヴィ...
ル・コルビュジェ
中沢 新一
東京大学工学部建...
ケヴィン リンチ
有効な右矢印 無効な右矢印

明治の東京計画 (岩波現代文庫)はこんな本です

明治の東京計画 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする