明治の文化 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001681

作品紹介・あらすじ

明治人は西欧文明の衝撃をどのように受け止めたのか。そしてどのような国家を構想したのか。底辺の民衆の思想に視座を据え、各地に残る憲法草案や結社の動きなど、自ら発掘した原史料を駆使して、明治文化の全体像を歴史の躍動の中に描きだした。民衆思想史の方法で日本の近代像を一変させた著者の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治の明るさと暗さの原因がこの本でわかりました。70年刊行。歴史学徒ではないので今日までこの本のことを知りませんでした。名著。明治が個々のエピソードの集積でしかとらえられないのは、ピースがはまるところにはまっていないからで、探偵の目をくらませているのは当時の権力者べったりの記録者のせいだということで、きゃつらの犯行後の捜査撹乱を目的とした隠滅作業を見破る歴史探偵の出番は明治はまだまだ多そう。「恐れながら天朝様に敵対するから加勢しろ!」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1925年千葉県生まれ。歴史家。民衆史・自分史の提唱者。東京経済大学名誉教授。著書に『明治精神史』『ユーラシア大陸思索行』『定本歴史の方法』『色川大吉著作集』全六巻など。

「2017年 『わが半生の裏街道 原郷の再考から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明治の文化 (岩波現代文庫)のその他の作品

色川大吉の作品

ツイートする