なぜ戦争観は衝突するか―日本とアメリカ (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.42
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001742

作品紹介・あらすじ

パール・ハーバーと広島、長崎。戦後六〇年を経過しても過去の戦争の記憶が両国で大きく隔たるのはなぜか。戦争観とは戦争のいかなる記憶によって形成されてきたのか。ナショナリズムの特質、戦後の幾多の戦争に対する反応の差にも着目し、記憶研究の最新の到達点も踏まえて省察したユニークな日米比較。『日本・戦争観の相剋』を大幅に改訂し、新稿を加えた決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか厳ついね。アメリカ・日本の戦争観をおっていく感じ。
    広島原爆投下推移など。

  • 面白かったが、途中でいつもの核投下の是非論にページを割きすぎており、ちょっと残念だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京大学・一橋大学名誉教授

「2017年 『ベトナム戦争に抗した人々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

油井大三郎の作品

ツイートする