光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 (岩波現代文庫)

制作 : Richard P. Feynman  釜江 常好  大貫 昌子 
  • 岩波書店
3.76
  • (12)
  • (18)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 233
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際に量子電磁力学を学び終わって、この本を読むと、いかにファインマンが説明に苦労したかが分かる。

    たとえではなく、初等的な数学概念だけで説明しようとするとかえって理解が遠のいた。

    ファインマン図のアイデアが秀逸なのは、分かった。光速よりも速い振幅があるとは。

    やはり遠回りでも、学問は積み上げて理解するものだと再認識した。

  • 量子電磁力学という物理学科の学部四年生でも
    知らない内容についての
    一般向けの講演を書籍化したもの

    ということで、内容はわかるっちゃわかる
    随所随所にファインマンらしさも出てる
    でもやっぱりちょっとしんどい気はする

    本文で何度も言われるように
    量子電磁力学というのは、あらゆる事象の確率を
    足し合わせて
    実験結果を予測するものというもので
    その考える事象の中には光速より早く進む光子や、
    時間を逆行する電子など、
    常識では考えられないものもある
    そして、そんな奇妙な理論が実験結果を
    うまく予想できるという
    そんなところにも物理の魅力があり、
    自然を理解するにはそんな奇妙さを受け入れなければいけないのだ

    量子電磁力学というものに少しでも興味がある人なら
    読んだらいいと思うけど
    そうじゃない人にはあまりお勧めはできない感じなきはする

    自分もまた量子電磁力学を学ぼうという機会が来たら
    読み直そうと思う

  • 反射や回折といったお馴染みの現象の裏に、こんなにも奥が深い理論があるなんて知らなかった。「固体物理より俺たちの理論の方が実用的だぜ!」と言い切ってしまうファインマン先生は、正しいかどうかはともかく格好いいなぁ。

  • [ 内容 ]
    「ねえ、リチャード、あなたは何を研究しているの?」
    友達の奥さんがそう尋ねてきた。
    はてさて、どうする、ファインマンさん。
    物理が全然わからない人に、自分の研究を理解してもらえるか。
    それも、超難解で鳴る量子電磁力学を。光と電子が綾なす不思議な世界へ誘う好著。
    物理学者リチャード・ファインマン、面目躍如の語りが冴える。

    [ 目次 ]
    1 はじめに
    2 光の粒子
    3 電子とその相互作用
    4 未解決の部分

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 《教員オススメ本》
    通常の配架場所: 3階開架
    請求記号: 421.3//F23

    【選書理由・おすすめコメント】
    先に示した2冊(『宇宙は何でできているのか : 素粒子物理学で解く宇宙の謎』、『宇宙は無数にあるのか』)は、物理学の最新の専門的な進歩を、かなり平易に述べたものですが、R.P.ファインマンが著わした『光と物質のふしぎな理論-私の量子電磁力学-』は、ノーベル賞受賞者である著者が、自分の専門分野である量子電磁力学を、かなりの努力をして、物理学が全然わからない一般知識人に、量子(粒子と波の性質を有するもの)ということを解説したものであり、優れた研究者の熱意が感じられる記録です。こちらを先に読む方がBetterでしょうか?
    (森本雍憲学長)

  • 世界とはなんぞやと考えさせられる1冊

  • 物性物理が専攻の私でも、楽しく読むことができた。

    素粒子系の話はあまり詳しくなかったからであるかもしれないが
    驚く事が多かったと思う。数式を使わずということではあるが、
    理系向きであると感じた。

  • なに言うてはるんですか、ファインマンさん!
    鋼の文系脳を持つ僕にはさっぱり分かりませんでした。なので評価はいたしません。
    物理学という学問自体もはじめて知ったに等しいのですが、考え方ドライですよね。ひたすら実験の結果に理論を近づけていくとか、不思議な振る舞いをする自然について「自然はそういうものだ」と割り切ってしまうとことか。
    僕はどうしても「なんで自然はそういう振る舞いをするのだろう?」という方に関心が移っていってしまうので、これはやはり鋼の文系脳故なんでしょう。
    そも物理学がどんな学問か、ってところからはじめたらよかったですね。

  • 光子の話に始まり電子、原子など、門外漢の僕にとって難解なこれらの仕組みを、日時の身近な例を使ってわかりやすい文章にしてくれています。

    翻訳されたものとは思えないくらい丁寧に訳されています。
    ご冗談でしょうファインマンさん。ほど面白く読めるものではないですが、知的好奇心が止まらない人にはもってこいだと思います!

  • 20111123紀伊国屋書店西神中央

全17件中 1 - 10件を表示

光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 (岩波現代文庫)のその他の作品

Qed: The Strange Theory of Light and Matter (Princeton Science Library) ペーパーバック Qed: The Strange Theory of Light and Matter (Princeton Science Library) リチャード・P.ファインマン
光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 単行本 光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 リチャード・P.ファインマン

リチャード・P.ファインマンの作品

光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする