アドルノ (岩波現代文庫)

制作 : Martin Jay  木田 元  村岡 晋一 
  • 岩波書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001780

作品紹介・あらすじ

フランクフルト学派の驍将テオドール・W・アドルノ。気鋭の思想史家ジェイは、モダニズムとポスト・モダニズムの分水嶺に立つアドルノを二十世紀思想の文脈に明確に位置づける。第1章でその人物像と経歴を描き、第2章で哲学思想を概観し、第3章で社会思想を跡づけ、第4章で文化論・芸術論を説き明かす。恰好の「アドルノ入門」であり、読者に新たな興奮をよび起こす書である。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(Martin Jay)
1944年生まれ。1977年ハーヴァード大学哲学博士(歴史学)。以来、カリフォルニア大学バークレー校でヨーロッパ思想史を担当。現在は同校教授。「フランクフルト学派」の「批判理論」の思想史的領野をアメリカからの視座で分析する研究を開始。のち、ヨーロッパ(とくにフランス)20世紀思想を「視覚の権威剥奪」の契機から読み解く思想史的分析などに研究対象を広げている。邦訳書に『弁証法的想像力』(みすず書房)、『マルクス主義と全体性』(国文社)、『アドルノ』(岩波現代文庫)、『永遠の亡命者たち』(新曜社)、『暴力の屈折』(岩波書店)、『力の場』、『世紀末社会主義』、『文化の意味論』(以上、小局刊)、編著に『ハーバーマスとアメリカ・フランクフルト学派』(青木書店)、『アメリカ批判理論の現在』(こうち書房)ほか。

「2017年 『うつむく眼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アドルノ (岩波現代文庫)のその他の作品

アドルノ ペーパーバック アドルノ マーティン・ジェイ

マーティン・ジェイの作品

ツイートする