源氏物語 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006001971

作品紹介・あらすじ

五四巻の物語が巻数順に執筆されていないことは、何を意味するか。本書は、原作のほのかな言葉遣いから主題の展開をつかみ、『源氏物語』の成立過程、明瞭な構造を明らかにする。また、紫式部の恋愛と失意を歌集・日記から読み取り、創作との関連を鋭く見抜いて物語の奥深い世界に新たな光を当てる。この源氏理解は、読者の共鳴を呼び起こすものであろう。源氏物語千年紀に刊行する画期的源氏論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらためて「源氏物語」を読み解くことの難しさを痛感した。
    「源氏物語」に対しての言語学的なアプローチは大変素晴らしいものだ。語法について解説しながら、「若紫」グループと「帚木」グループ分の違いと特徴を明らかにしていく。
    そして「紫式部日記」と「源氏物語」の関連付けなど……。
    しかし、このようなところまで理解しないと「源氏物語」を理解することはできないようだ。
    巻末に載せてある、これは解説と言って良いのだろうか?本書に寄せてある丸谷才一氏の「まぼろし電話」も必読である。

  • 2010年8月18日購入

    源氏物語、いまだによさが分からない・・・というか
    きちんと読んでいないなあ、ということで
    わき道から入るのに格好の本だと思って購入。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1919-2008年。東京生まれ。国語学者。著書に『日本語の起源 新版』『日本語練習帳』『日本語と私』『日本語の年輪』『係り結びの研究』『日本語の形成』他。編著に『岩波古語辞典』『古典基礎語辞典』他。

「2015年 『日本語と私』 で使われていた紹介文から引用しています。」

源氏物語 (岩波現代文庫)のその他の作品

大野晋の作品

ツイートする