心理療法序説 (岩波現代文庫 〈心理療法〉コレクション 4)

著者 :
制作 : 河合 俊雄 
  • 岩波書店
4.07
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002237

作品紹介・あらすじ

ユング心理学を日本に導入した著者が、京都大学を退官するにあたって、長年の心理療法体験を振り返りまとめあげた本。心理療法は人間にとってどんな意味があるのか、という本質的な問いに挑む。心理療法の科学性、技法や諸問題、心理療法家の訓練、さらに教育や宗教、文化との関連など多岐にわたる問題について考察する。河合隼雄の心理学、約三十年の成果がここに結晶。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重かった。神経を研ぎ澄ませて命がけで学びなさいと言われてる気がした。

  • 2階心理学C : 146.8/KAW : 3410161640

  • 心理療法とは一体?というテーマで考察されている。まずは、心理療法のモデルから始まり、意識・無意識のとらえ方、技法とは?、さらに実際の心理療法にまで著者は言及している。とはいえ、「心理療法」を定義すること自体がおそらくは不可能なのであろう。なぜなら、そのひとごとの心理療法が存在するからであり、あるべき姿も、クライエントと治療者の組み合わせごとによって変わりゆくからである。とはいえ、そのように、「答えはない」と言ってぼかしてしまうと、「なんでもあり」となる危険性がある。だから、絶対的にこうあるべきとは言えないが、「こうあればいいだろう」、という形を本著では提示されている、わけである。

    それは、簡明に言えば、「治療者とクライエントは対等にある。それは文字通りの意味であり、だから、治してやっている、という意識は持ってはいけないし、基本姿勢としては、非支持的であるのがよい。とはいえ、それに縛られて硬直化してはいけない、よって、臨機応変にあるべし。だが、臨機応変に対応できるためには、相応の訓練が必要である」といった具合である。

    河合はだから、「多神教的であるべきだ」と述べている。それは、日本人の得意分野ではないか?と思われる方もいるだろうが、そこで慢心してはいけない。確かに、日本人は多神教を取り入れる素地は持っている。だが、それは、河合曰く、我々が文化的、社会的に、「中空構造」という特質を持っているから、である、としている。真ん中が空だから、あれこれを取り入れられる、そして、それらを混在させられうる。しかし、ここでの問題点としては、その中空部分=中心となりがちだということである。これは、自我と、自己にも対応する。西洋には、絶対神がいる。それが確たる存在として、中央にいるから、「中心統合型」と言える、そして、それが自我の絶対化にも対応してくる。逆に、我々は自己という広い包含性を持ちうるが、その包含性が中心的に統合しようと働き始めれば、我々の視野が狭まるのは言うまでもない。

    さて、つまるところ、心理療法とは何であるか?それは定義できないとも述べたが、しかし、自分なりの心理療法に迫ることはできるだろう。そこには、ロジャースの自己実現や、ユングの個性化、というものが挙げられるだろう。

    人の中には、「自分を自分足らしめる」ことができなければ、うまく生きれない人がいる。そういう人たちが互いに出会うことによって、互いに自分を自分足らしめようとする出会いの場のようなものであろうか?だから、心理療法家も、クライエントも、両方とも、「生きることが不器用な人間」なのである。両者がお互いに影響を及ぼしあって、自らの個性を実現させていく過程というのが心理療法の場なのであり、だからそれは治療とは少し異なってくる。だが、治療という側面をなくしてしまっては、心理臨床が暇つぶしとして扱われてしまうし、実際に、治療的効果を得る人も多くいるわけなので、実践的見地から、治療という側面を消せない、といった形だろうか。ただ、河合はあれこれいさめすぎてる気がする。あれはいけない、これはいけない、を繰り返しすぎている、というところが問題点だろうか?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

河合 隼雄(かわい はやお)
1928年6月23日 - 2007年7月19日
兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)出身。京都大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。文化功労者。元文化庁長官。1952年京都大学理学部数学科卒業後、京都大学大学院で心理学を学びつつ、数学の高校教諭を兼業した。
天理大学で助教授時代にユング研究所に滞在し、ユング派分析家の資格を取得。日本における分析心理学の普及と実践に邁進。箱庭療法導入者としても知られる。欧米の心理療法を日本文化に根ざす仕方で導入を試みており、日本論・日本文化論の著作も多い。
主な受賞歴に、1982年『昔話と日本人の心』で大佛次郎賞、1988年『明恵 夢を生きる』で新潮学芸賞、1992年日本心理臨床学会賞受賞、1996年NHK放送文化賞をそれぞれ受賞。1995年紫綬褒章、1998年朝日賞、2000年文化功労者顕彰。
なお2012年に一般財団法人河合隼雄財団が設立されており、そこで本人の名を冠した「河合隼雄物語賞・学芸賞」が設けられている。

河合隼雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

心理療法序説 (岩波現代文庫 〈心理療法〉コレクション 4)を本棚に登録しているひと

ツイートする