ヒロシマを生き抜く〈上〉―精神史的考察 (岩波現代文庫)

制作 : Robert Jay Lifton  桝井 迪夫  湯浅 信之  越智 道雄  松田 誠思 
  • 岩波書店
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002268

作品紹介・あらすじ

精神科医であり研究者として来日していた著者は、被爆後十七年の広島で、広範にわたる被爆者へのインタビュー調査を行なった。対象は、無差別に抽出した市民に加え、学者・医者・運動家など七十余名。被爆時の体験、原爆で負った障害、見えざる放射能の恐怖、生き残ったことの罪意識…。人類への最大の破壊行為の影響を、被爆者の言葉から丹念に分析し、その精神的側面に初めて光をあてた記念碑的著作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロバート・J・リフトン 上下巻。

  • 原爆投下から17年後の広島で精神科医が
    生存者にインタビュー調査を行ったものをまとめた本。

    広島原爆の被害を取り上げた本や写真集は数多くあるが、
    被爆者達の精神の軌跡を詳細に分析している本で
    入手が容易なものはかなり少ないのではないだろうか。

    それだけでもこの本の資料価値はかなり高いと思う。

  • 被爆者たちの心の傷はの想像をはるかに超えたもののようです。

    どうやったらこれを後世に残せるのでしょう?

    大変重いので読み終えるか心配です。

全3件中 1 - 3件を表示

ロバート・J.リフトンの作品

ツイートする