笑いのセンス――日本語レトリックの発想と表現 (岩波現代文庫)

著者 : 中村明
  • 岩波書店 (2011年10月15日発売)
3.10
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002541

作品紹介

川柳、落語、漫才、小説を題材にして、言語表現が生み出す笑いのメカニズムを、レトリック論の立場から明快に分析し、ユーモラスに解説する。「何を笑うかでセンスがわかる。問われているのはまるごとの人間なのだ」(「あとがき」)と考える著者が、コミカルな笑いからしみじみとしたユーモアまで多彩な文例を選び、笑いを誘う勘どころと「笑いのセンス」を縦横無尽に語る。

笑いのセンス――日本語レトリックの発想と表現 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 引用が8割な気がして少し重かった。
    でも楽しみながらいろんな笑いについて学べた。
    ここからまたいろんな作家に広げていきたい。

  • この本、どういう目的をもって読めばいいのかわからない。

    読んでればそれなりに面白いし情報は得れるんだけど……
    これを読んでどうすればいいのやら……

    中村明さんの説明は好きです。
    用例に、好きな作家先生がいっぱいでてくるのでそれもキュンとします。
    それしかないので、挫折しました。

  • 悪くはないんだけど、笑いを扱っているのに著者はインテリだから、例がえーらい格調高くて、なんだか本質をつけていない感じがしたなあ。
    もっと本当に「笑い」を追求した作品について、正面から取り組んでほしかった。

    あと、あまりに最近の笑いを軽視しすぎなところも気になる。
    ダウンタウンの漫才についてわずかに触れているのだけど、すべて「らしい」という伝聞の記述で、「おいおい、数分の映像なんだからそれくらい見ろよ」と思わずのけぞってしまう。

    で、思うのは、「笑いの歴史」の本格的な本ってないものかねえ、ということ。
    書き言葉と話し言葉ではまた違うだろうし、そのへんの分類をしつつ、さらに有史以来、人は何を「面白い」と感じていたのかを考察した本。
    時代時代の面白さの変遷、できればその理由や背景なんてのは、僕がもっとも興味を持つ分野の一つなんだよね。

    優秀な編集者の方々、ここはどうかひとつ。

  • 笑いとは何かの分類から始まり歴史やらレトリックやらを引用して紹介しています。川柳あたりまでは楽しめたのですが、その他未読の本の引用は実際本編を読まないと可笑しさが伝わらないなあと思いました。お陰で新たに読んでみたい作家も増えたのですが。

  • 笑いとは何か・・・という本ではない。哲学的なアプローチではなく、百科辞書的、博学的に「笑い」が網羅されている。
    それはそれでなるほどとは思うが、さて・・・・、では人間にとって笑いとは何なのか・・ということはさっぱりわからない。
    わからなくても「あるのだからそれでいい」と言われているような気もする。それにしても、著者の読書量と笑いに連なる引用に脱帽。

  • 笑いを誘う技術の分類と例といったところらしい。一度読んでみたい。

全6件中 1 - 6件を表示

中村明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
レーモン クノー
ミヒャエル・エン...
冲方 丁
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

笑いのセンス――日本語レトリックの発想と表現 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする