「学び」の復権――模倣と習熟 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002640

作品紹介・あらすじ

近代に学校が普及する以前、日本人はどのように学んでいたのか。近代学校は江戸時代の教育の何を受け継ぎ何を捨てたのか。本書は手習塾(寺子屋)や藩校、徒弟制の江戸期の学びの実態を具体的に描き出し、歴史の側から近代学校を透視する。「模倣と習熟」に込められた「学びの身体性」に日本人の「学び」の原点を見出し、現代教育再生の鍵を示唆し、あわせて学びの可能性の大きさを説く必読の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の背景に関わる部分が多く、教育について考えさせられた。
    著者の言う日本の特異な「教科書信仰」が経書の素読という学習文化を背景にしていることであり、文科省だけでなく、国民が共有していることや、子どもの家庭学習の習慣化を期待して、親と教員の共通認識によって維持される毎日の宿題の存在など、日本の教育に強い問題意識を持っている自分ですら、背景化していて認識がぼんやりしていた「当たり前」をはっきりさせてもらった。
    そして、貝原益軒の教育思想や徒弟制と学問体系側の論理からなされる教科学習の一斉授業の対比により、「近代学校の教育制度はその歴史的役割を終えている」、何でも学校で教えることが当たり前になった「学校化社会」が未来永劫続くと思うのは、錯覚だという指摘は、賛同を感じずにはいられず、うれしくてなのか、何なのかわからないが笑ってしまった。
    公教育には、そもそも国民教育が内在しており、個性豊かな個人の育成とは反対向きのベクトルを持っているという指摘や、教育を変えようと思ったら、一筋縄ではどうしようもない文化的背景によって形作られているものに向き合わなくてはならないなど、悲観的にもなってしまう部分もあるが、本書に書かれているように、児童が、学ぶ意味を実感できる、すなわち「より良い生きるための原理」に裏付けられた学びに従事する日がくることを期待せずにはいられない。

  • そこまで『沁み込み型』教育を前面に出さなくても十分に、
    書籍としての価値を保てるのではないかということのみ気になったものの、
    江戸の寺子屋、藩校、貝原益軒、徒弟制など、
    学ぶということに関しての考察を深め、知識を得たい時期にはあまりにタイムリーな表題に溢れ、
    改読させて頂きました。

  •  寺子屋における学びの様子を知りたくて。

  • 後半は大学生の卒論みたいに薄っぺらい。
    学習塾の会社名を出すのなら、もう少し実態を調査してから。
    公文塾では、5分でできるプリントを1時間かけて、騒がしくしながらやっている子どもが多い。喧騒の中でどうして立志など可能だろうか。
    校則もまた日本の古き良き風習の名残だという。
    現代の教育論にどうしてもつなげたいらしいが、話を飛躍しすぎ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

京都大学名誉教授

「2016年 『近世教育思想史の研究【オンデマンド版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「学び」の復権――模倣と習熟 (岩波現代文庫)のその他の作品

辻本雅史の作品

ツイートする