ルソー (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002664

作品紹介・あらすじ

フランス革命に多大な影響を与えた思想家ジャン‐ジャック・ルソー(一九一二‐七八)は、文明批判、歴史哲学、経済理論、教育理論、政治理論、宗教思想、音楽ときわめて多岐におよぶ分野で文筆活動をおこなった。その人と生涯、思想の全体像を政治思想の泰斗が一般向けに平易に語る本書は、ルソー入門の決定版である。付論として「文明の現在-ルソーに引照して」を併載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思想の蓄積
    感じるのは早く、考えるのは遅い
    思想的立場の確立
    自己改革
    善良な市民

  • ルソー
    ようわからん・・・

  • ルソーの生涯を知ることから、正直、著作についての解説に身が入らなかった。
    それほど、衝撃的な人生で、特に自らの子供を生まれてすぐ、孤児院に5人も入れたことにかなりのショックを受けた。
    不幸な人生だったこともあるのでしょうが、悲しくもあり、哀れでもあったのでしょう。
    天才と言うより、現代までのあらゆる時点で、ルソーの理屈が利用されてきたともいえる。
    死んでもなお、不幸だったのかも・・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1923年神戸に生れる。1947年東京大学法学部政治学科卒業。東京大学名誉教授。日本学士院会員。2007年歿。著書『近代政治原理成立史序説』(岩波書店、1971)『政治学史』(東京大学出版会、1985)『ルソー』(講談社・人類の知的遺産40、1986)ほか。なお『福田歓一着作集』全10巻(岩波書店、1998)が公刊されている。訳書 バーリン『自由論』(共訳、みすず書房、1971)ほか。

「2018年 『自由論 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福田歓一の作品

ツイートする