古代ローマとの対話――「歴史感」のすすめ (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002671

作品紹介・あらすじ

現代も歴史の一齣にすぎないという感覚は過去を振り返る眼差しをとぎすませる。二千年の時を隔ててローマ人と現代人が交錯し、歴史を実感する。これが「歴史感」の意味である。著者はローマ帝国を中心に古代地中海世界の様々のエピソードを時代順に紹介し、ローマ人の教訓や思想を現代人の視点で学び、古代ローマと対話することを提唱する。岩波現代文庫オリジナル版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本村凌二 「 古代ローマとの対話」古代ローマ史の著作で有名な著者が、古代ローマ史の全体像を俯瞰し、歴史と現代をどう結びつけるか論述した本

    歴史家にありがちな 説教臭さがなくて、書いた当時の時事ネタも入れながら 読みやすい文章

    歴史感=歴史と現代をどう結びつけるか
    *現代も歴史の一コマにすぎない
    *過去、現代に身をおいて 歴史をながめる

    キリスト教世界の人(一神教)
    *自分たちの論理に対する ゆるぎない自信
    *神の全能性
    *抑圧され、差別された人たちの宗教

    イエス仏教徒説に驚く

    ローマ人の精神=父祖の遺風=日本の武士道
    *世の掟、知恵、生き方そのもの
    *若者へ父祖の遺風を例示し尊重させる

  • 新書文庫

  • 古代ローマの建国から滅亡までを現代の私たちと比べながら語る。

  • おもしろかったと思う。
    単純に世界史を学ぶというのではなく、現代の世情と比較したり、著者の創作もあったり、楽しい読本という感じがした。
    古代ローマなど、今の自分に何の関りもない・・・と思えば、手にしないかもしれないが、過去と現在を行ったり来たりするのですから、おもしろい。
    「イエスは仏教徒だった」などという空想もまたおもしろいかも・・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

早稲田大学国際教養学部特任教授、東京大学名誉教授
1947年、熊本県生まれ。1973年一橋大学社会学部卒業、1980年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。
東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、現職。専門は古代ローマ史。
『薄闇のローマ世界』でサントリー学芸賞、『馬の世界史』でJRA賞馬事文化賞、一連の業績にて地中海学会賞を受賞。
おもな著書に『教養としての「世界史」の読み方』 『教養としての「ローマ史」の読み方』(以上、PHP研究所)、『興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国』(講談社)など多数。

「2018年 『30の「王」からよむ世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本村凌二の作品

ツイートする