ボードレール語録 (岩波現代文庫)

制作 : 横張 誠  横張 誠 
  • 岩波書店 (2013年4月17日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002862

作品紹介

近代資本主義成立に直面していたボードレールの「現代性」の美学とは何か。一九世紀当時の現代的な文学・芸術運動であったロマン主義の超克として提示された「現代性」を軸に据え、「ブルジョワジー」「メランコリー」「陶酔」を鍵概念として一九の詩・散文テクストを解説し、近代の相貌を浮かび上がらせる。誰も語らなかったボードレールの真実。書下ろし。岩波現代文庫オリジナル版。

ボードレール語録 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホードレールの詩・文が[古典美から現代性モデルニアの掛け渡し]として浮かび上がる

  • なんとかこの分厚い本を読み終えた。
    現代文庫の乱読者からすれば、特別美学に関心があるわけでもなく、ボードレールの詩人としての才能にほれているわけではない、ずぶの素人にすれば、非常に難解。
    それでも、乱読の面白さは専門外の専門に触れることができるということ。
    メランコリーがハシッシュに起因しているのではないかとか興味深いことも書かれていた。
    それにしても、前知識のない者からすれば、200年ほど前の人物の「ひととなり」を貶めるような「書き方」というのは、どうなんだろう。
    その時代の論理というもののなかで生きた人なのでしょうから・・・・。

  • 詩集じゃなく、語録ってところが気に入りました。
    筑摩書房から「ボードレール全詩集」「ボードレール批評」(共に 阿部良雄訳)が出てるからかな?

    岩波書店のPR
    「象徴派の先駆者として知られるボードレールの「現代性(モデルニテ)」の美学とは何か。19世紀当時の現代的な文学・芸術運動であったロマン主義の超克として提示された「現代性」を軸に据え、「ブルジョワジー」「メランコリー」「陶酔」などをキーワードにして19の詩・散文のテクストを解説し、近代の相貌を浮かび上がらせる。書下ろし。岩波現代文庫オリジナル版 」

全3件中 1 - 3件を表示

ボードレール語録 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする