人文学と批評の使命――デモクラシーのために (岩波現代文庫)

制作 : 村山 敏勝  三宅 敦子 
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006002985

作品紹介・あらすじ

人文学の危機が現代にもつ意味とはなにか。人文学的価値観はいかにデモクラシーに寄与しうるか。生涯をかけて人文主義者を体現したエドワード・サイード。他者の歴史と思想に反映する自己批判からこそ、正確な自己認識が生まれると説き、人文学の真の目的をここに論じる。人文学再生にむけた、サイード最後のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終章と訳者のあとがきを読めば事足りるような気が通読して思った。第五章と訳者のあとがきを読んでから必要性を感じればそれぞれの章を読むといいように思う。内容は意義あるものだけれど、様々な異国の学者人が出てくるので、聞いたことのある人もいるけど、そこに対する知識がピンと来ないと読むのに少し難儀する。が、中身は有意義だと言えると思います。

  • 文献学の勧めと西洋中心主義からの脱却ということだろうか。
    翻訳文にありがちな、主語と述部が「遠い」ので集中力が必要。
    とはいえ・・・、わかりやすい。
    基礎知識がないと引用が邪魔になるでしょうが、常識的な範囲でしょう。
    人文主義をヒューマニズムとルビされているのですが、ニュアンスが微妙に違うので、理解しづらい。
    人文主義はそもそも「じんもんしゅぎ」と読めばいいのか「じんぶんしゅぎ」と読めばいいのか、日本語そのものも定まっていない気がする。
    翻訳をするのなら、そのあたりまで解説がほしい。

  • 祝文庫化!

    岩波書店のPR
    「人文学の危機が現代にもつ意味とはなにか。人文学的価値観はいかにデモクラシーに寄与しうるか。生涯をかけて人文主義者を貫いたエドワード・サイード。他者の歴史と思想に反映する自己批判からこそ、正確な自己認識が生まれると説き、人文学の真の目的をここに論じる。人文学再生にむけた,サイード最期のメッセージ。(解説=富山太佳夫)」
    著者からのメッセージ
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0234230/top.html

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

エドワード・ワディ・サイード
(إدوارد سعيد, Edward Wadie Said)
1935年11月1日 - 2003年9月25日
エルサレム生まれのパレスティナ人で、アメリカの文芸批評家。エルサレム、カイロで幼少時を過ごし、15歳の時にアメリカに渡る。プリンストン大学を卒業後ハーバード大学に学び、コロンビア大学の英文学・比較文学教授を務めた。サイードはまた、パレスティナ民族会議のメンバーとしてアメリカにおけるスポークスマンを務め、パレスティナやイスラム問題についての提言や著作活動など重要な役割を担った。『オリエンタリズム』(平凡社)、『知識人とは何か』(平凡社)、『世界・テキスト・批評家』(法政大学出版局)、『文化と帝国主義』(全2巻、みすず書房)などの主著が邦訳されている。

エドワード・W.サイードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルートウィヒ・ウ...
遠藤 周作
ジャレド・ダイア...
マックス ウェー...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人文学と批評の使命――デモクラシーのために (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする