岡倉天心『茶の本』を読む (岩波現代文庫)

著者 : 若松英輔
  • 岩波書店 (2013年12月17日発売)
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 40人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003029

作品紹介

『茶の本』は、一九〇六年、英文で刊行され、世界に大きな衝撃を与えた岡倉天心の代表作である。日本独自の文化である茶道を通して、東洋の美の根本理念を語る。さらに、東洋の美が、普遍的な霊性に貫かれていることを明らかにした。『茶の本』を、タゴール、ヴィヴェーカーナンダ、内村鑑三、井筒俊彦、山崎弁栄、九鬼周造ら人間の叡知を追究した東西の思想家との接点を探りながら読むことで、新たな天心像を提示する。

岡倉天心『茶の本』を読む (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 194

  • 茶の本の解説だと思って購入したが,その内容は岡倉天心の思想というよりも,日本の近代思想史に近い気がする。
    不完全なものはその彼方に完全なものを感じさせると岡倉が言ったように,茶の本を英文で書いたのも,翻訳を通じて考えを深めていって欲しいという願いがあったのかもしれない。

  • 岡倉天心が九鬼周造のお母さんと不倫してたなんて・・・・。
    天心に近づくために、周辺から。
    「茶の本」の内容解説の本ではありません。
    あくまでも、「茶の本」が語るものを語るというスタンスです。

全3件中 1 - 3件を表示

若松英輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
森田 真生
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

岡倉天心『茶の本』を読む (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする