ロック『市民政府論』を読む (岩波現代文庫)

著者 : 松下圭一
  • 岩波書店 (2014年1月17日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003043

作品紹介

ひろく政治・憲法構造を解く鍵はジョン・ロック(一六三二‐一七〇四)の読み方にある。市民政治理論の古典的形成者であったロックは、ヨーロッパの"近代"理論を準備し、また日本国憲法にまで影響を与えた。ロック思想の普遍性を明らかにした本書は、政治学・政治思想史の格好の道案内であり、"現代"とは何かという問いにも答える。

ロック『市民政府論』を読む (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セミナーということで、聞きやすい、読みやすい文章を心がけられている。
    だから、読みやすい。
    ただ、セミナーという決められた時間に合わせるようにするためか、何度も内容が重複する。重複するところが著者の強調したいところなのだろうが、言わんとするところは単純明快。
    ロックこそ、近代の個人を展開した初期のヒトだということ。

全2件中 1 - 2件を表示

ロック『市民政府論』を読む (岩波現代文庫)のその他の作品

松下圭一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
マックス ヴェー...
トマ・ピケティ
レオ・シュトラウ...
マックス・ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ロック『市民政府論』を読む (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする