『維摩経』を読む (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003203

作品紹介・あらすじ

代表的な大乗経典の一つである『維摩経』は、主人公の維摩が居士(在家の仏教信者)であることに特色がある。家族、職場、男女の複雑な人間関係、名誉、地位、金銭への拘り…。この汚濁の現実の中に生きながら、安らぎの道は得られるだろうか。『維摩経』は、在家の人々を救うことを第一のテーマとした経典である。世界の一切が「空」であると説きながら、菩薩の衆生への無限の慈悲が解き明かされる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み進むにつれ難解になり、終わりの方はこの経が説くところの正に「空」になった。講演から文章をおこしたようだが、説法を拝聴した気分で良かった。

  • 自利から自他へ。あらゆるものは他を縁としておこりそれらは全て相対的なものである。

  • 向上と向下。
    曇鸞の往相と還相。

全4件中 1 - 4件を表示

『維摩経』を読む (岩波現代文庫)のその他の作品

長尾雅人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キェルケゴール
武者小路 実篤
ワールポラ・ラー...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

『維摩経』を読む (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする