『涅槃経』を読む (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003227

作品紹介・あらすじ

『涅槃経』は、釈尊が、クシナーラーで入滅されるその日一日を舞台にした経典である。沙羅双樹の中に横たわる釈尊が、参集した菩薩、衆生を相手に、最後の説法を行い、「仏の永遠性」「衆生の仏性(ぶっしょう)」などの真理を様々な比喩を交えて語る。著者は、ラジオ放送の聞き手に向けて、『涅槃経』を分かりやすく紹介しながら、物語を通して語られる大乗仏教の中心となる思想を解読している

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NHK宗教の時間のラジオ放送から・・・ということで、とても読みやすい。
    それにしても・・・・40巻という圧巻を読み解くのはすごいことです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1926年東京生まれ。インド政府給費留学生としてプーナ大学へ留学、1958年Ph.D.を取得。文学博士。1975年、『如来蔵思想の形成』で日本学士院賞・恩賜賞を受賞。東京大学名誉教授。鶴見大学名誉教授(元学長)。2013年逝去。『高崎直道著作集』全9巻(春秋社)他。

「2018年 『スタディーズ唯識』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高崎直道の作品

『涅槃経』を読む (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする