世界史の構造 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.09
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 188
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003234

作品紹介・あらすじ

資本=ネーション=国家が世界を覆い尽くした現在、私たちはどんな未来も構想し得ないでいる。しかし本書は、世界史を交換様式の観点から根本的にとらえ直し、人類社会の秘められた次元を浮かび上がらせることで、私たちの前に未来に対する想像力と実践の領域を切り開いて見せた。英語版に基づいて改訂した決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、資本論、世界史、革命の歴史、人類学、柄谷の社会構想を本文495ページで読める大著ですね。

  • 既出本のまとめ本、理解するには一気に読むべし

  • なんてわかりやすくて、おもしろい本なんだろう。
    一気に読み終えました。
    柄谷行人は読者へのいたわりがある。
    読みやすいということは、自分がもっともよく理解しているということでしょう。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『探究』『世界史の構造』他。

世界史の構造 (岩波現代文庫)のその他の作品

柄谷行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
田中正人
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界史の構造 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする