戦間期国際政治史 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003258

作品紹介・あらすじ

E・H・カーが「危機の二〇年」と呼んだ、二つの世界大戦の間の時期=戦間期。この二〇年の国際政治史を、単なる国家間の外交関係の推移としてではなく、各国の内政史、経済史、社会史、思想史などの諸分野との関連で構造的に捉える画期的な概説書。ヨーロッパにおける国際対立に重点を置き、全世界的な展望のなかで省察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナチスの政権掌握に際して、ドイツは国際的に孤立状態にあり、外国の不安を沈める必要があった。ヒトラーはまず平和的偽装を必要とした。

  • 英仏の宥和政策。
    強国の保身。
    歴史にもしも・・・はないとしても、ナチスの暴挙はひとりドイツだけの責任ではないのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

戦間期国際政治史 (岩波現代文庫)のその他の作品

斉藤孝の作品

ツイートする