差異の政治学 新版 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003340

作品紹介・あらすじ

「われわれ」と「かれら」、「内部」と「外部」との間にひかれる切断線。ジェンダーにも、人種にも、「差別のない区別」はなく、必ずそこに非対称な権力関係が生じる。その力学を読み解き、フェミニズムがもたらしたパラダイム転換の意義と、今後の可能性を提示する。「"わたし"はなぜ社会学するのか?」との問いに答える「"わたし"のメタ社会学」も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フェミニズムがfeminityのismであるからか、「女性の権利向上を求める集団」という認識があり、彼らが広く社会に異議を唱えることを奇異に捉える人がいる。無論女性の権利向上という捉え方は誤りではないし、事実それを中心に据えるフェミニストは大勢いる。しかし、その考え方がもたらすものは、明らかに「女性の権利向上」を超えている。それをわかりやすく簡潔にまとめたのが表題作「差異の政治学」であり、他の収録作はその詳細な解説とも言える。(なんなら表題作だけでも立ち読みするべきとも思う)
    では彼女にとって差異とはなんなのか。こう語る。
    ジェンダーに限らず、差異化は必ず「われわれ」と「彼ら」、「内部」と「外部」に非対称な切断線を引くことで、カテゴリー相互の間にも、またカテゴリーの内部にも、権力関係を持ち込む。したがって、政治的でないような差異化は存在しない。「差別のない区別」のような一見中立的な概念も存在しない。p34
    さて彼女のフェミニズムのその最終的な目標は「非対称的な差異化そのものの解体」である。それゆえに、「男と女」とはその一例にすぎない。「健常者と障害者」や「日本人と外国人」という差異化もまた対象である。日常でもあらゆるところに差異化は存在することになり、それら全てが検討対象である。最近よく言われる「当たり前を疑う」を地で行っているのかもしれない。
    ちなみに、この本を読んでから彼女の最近の政治運動批判を読むと非常に面白い。
    http://matome.naver.jp/odai/2144051410508506801

  • 論述にバトルを取り入れるからおもしろいんだろうな。読むものをわくわくさせる。
    読みやすい。
    わかりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクショネットワーク(WAN)理事長。専門学校、短大、大学、大学院、社会人教育などの高等教育機関で、40年間、教育と研究に従事。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

「2018年 『情報生産者になる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上野千鶴子の作品

差異の政治学 新版 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする