境界線の政治学 増補版 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003371

作品紹介・あらすじ

内部/外部、われわれ/彼ら、日常/非日常、正義/邪悪などの境界線を引いて事態を管理しようとする企てにこそ目を向けなくてはならない。境界線に立ち現れる政治の可能性と限界について考察した旧版に、新たに関連する二論文を増補。近代の政治理解に縛られる私たちの思考を根底から揺さぶる論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第1章 政治と境界線―さまざまな位相
    第2章 境界線を引くとはどういうことか
    第3章 全体性・多元性・開放性―政治観念の変容と政治理論
    第4章 法と暴力―境界画定/非正規性をめぐって
    第5章 寛容と差異―政治的アイデンティティをめぐって
    第6章 普遍的なるもののヘゲモニー―エルネスト・ラクラウの政治理論
    第7章 契約と闘争―新しい戦争か?
    第8章 二分法の暴力―マイケル・ウォルツァー正戦論をめぐって
    おわりに―主権・境界線・政治

  • 人間とは境界を設定しなければ生きられないものなのでしょうか。境界を引けば二項対立となり、争いは決してなくなることはない。どうすればいいのでしょうか。その答えまでは書いてないようです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年生まれ。名古屋大学理学部物理学科卒。素粒子物理学専攻。東京工業大学像情報工学研究施設に研究員として2年間在籍。コンピュータ・ヴィジョンの研究に従事。科学哲学、人工知能、美学に関する評論活動。著書『メカノ──美学の機械、科学の機械』『ノード──反電子主義の美学』(いずれも青弓社)。

「年 『メカノ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉田敦の作品

ツイートする
×