書誌学談義 江戸の板本 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003395

作品紹介・あらすじ

書誌学とは時代の産物としての書物そのものから様々な「情報」を引き出すための技術である。近世文学研究の泰斗が、江戸の板本を手にとって理解するための基礎知識を、長年の経験をもとに、豊富な図版と用語解説をまじえて伝授する。和本リテラシーを育むための最良の入門書。「板本書誌学関係文献」一覧(鈴木俊幸作成)を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 板本(はんぽん)書誌学。専門過ぎておもしろい。
    平常は内容ばかり気になる書籍も外観を気にすることはほとんどなかった。不思議な印(魚尾)のこともわかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年(昭和10年)福岡県生まれ。九州大学名誉教授。近世文学研究。1998年に紫綬褒章、2010年に文化功労者を受章。著書に『和本の海へ 豊饒の江戸文化』 (角川選書、2009年)、『江戸の文字を楽しむ』全三巻(角川学芸出版、2010年)等。

「2012年 『江戸文化再考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

書誌学談義 江戸の板本 (岩波現代文庫)のその他の作品

江戸の板本―書誌学談義 単行本 江戸の板本―書誌学談義 中野三敏

中野三敏の作品

ツイートする