マルク・ブロックを読む (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003401

作品紹介・あらすじ

『封建社会』『王の奇跡』などの著書で知られ、L.フェーヴルとともに雑誌『アナール』を創刊し、現代歴史学に革命を起こした歴史家マルク・ブロック。ユダヤ系の出自を持ち激動の時代を生きた、その波瀾万丈の生涯と三つの主著、学問史における位置づけなどについて、アナール学派の方法に学び、自らの「社会史」を追求したフランス史の碩学である著者が、わかりやすく解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の近代フランス史研究の碩学によるマルク・ブロックの解説。歴史学者でありながら最後はレジスタンスとして死んだマルク・ブロックの人物像が、生い立ちも含めた生涯の紹介と主要著作の紹介によって生き生きと描き出されている。戦後開花することになるアナール学派の先駆者として、周辺科学の動向にブロックが敏感に反応していたこと、それが『王の奇跡』や『封建社会』の概念構成にも生かされていることがよく分かる解説になっている。また高橋幸八郎や堀米庸三といった戦後日本の代表的歴史学者がブロックとどのように向き合ったかについても簡潔ながら触れられており、戦後日本史学にとってのブロックの大きさというのも実感できる。

全1件中 1 - 1件を表示

マルク・ブロックを読む (岩波現代文庫)のその他の作品

二宮宏之の作品

ツイートする