ニーチェかく語りき (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006003555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々な人たちによる、色々なニーチェの読み方が書かれた本。ニーチェは当時のヨーロッパでは異端児ではあったが、ここまで考え抜ける人はやはりそうそういないと感じさせられた。

    この本とはあまり関係ない(というのは、この本の中で引用されている部分についてのことだから)が、「人間は神を崇めているが、神は人間の捧げる生贄に依存しているため、神を飢えさせたり餓死させたりするのは人間次第。この点で人間は神々を欺いている」というニーチェの発想には驚かされた。
    実際神々は生贄なんてなくても餓死しなさそう(そもそも死ななそう)だけど、「捧げものとしての生贄」をそう解釈したのか…と、しみじみと思った。

  • 偉大なる思索家 ニーチェがなにを語ったか、ニーチェに影響を受けた人々の目を通し、また、それらの視点から元のテキストを読むことによって理解しようとする試み。

    ニーチェの興味の範囲は、思索ということだけでなく、舞踏や舞台芸術論にも及ぶ。
    そのため本書で取り上げられた視点となる人々も、舞踏家、哲学者、そして三島由紀夫のような文学者までと幅広い。
    ニーチェの著作現物を読む前でも、読んだ後からでも、その内容について考えを深める材料になると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

三島憲一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする