文化としての科学 技術 (岩波現代文庫 学術 431)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006004316

作品紹介・あらすじ

科学/技術は、19-20世紀に大きく変貌した。専門家集団内部での閉鎖的・自己完結的な科学から、外部社会に開かれ、軍事や企業の技術開発の目的のために利用される科学へ。さらに利便性ばかりでなく、将来の安全性も考慮した科学へ。こうした科学のあり方の変遷を論じつつ、望ましい科学研究や科学教育のあり方を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:B1/8-1/431/K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1936年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科(科学史科学哲学分科)卒。同大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。東京大学教授、国際基督教大学教授、東洋英和女学院大学学長などを経て、現在、東京大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授。『近代科学と聖俗革命』『科学者とは何か』『新しい科学史の見方』『安全学』など著書多数。学術文庫に『近代科学を超えて』『奇跡を考える』『日本近代科学史』がある。

「2021年 『科学史・科学哲学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
宇佐見りん
トマ・ピケティ
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×