歴史論集: 方法としての史学史 (1) (岩波現代文庫 学術 432 歴史論集 1)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006004323

作品紹介・あらすじ

歴史学は現代社会において何をなしうるのか。「戦後歴史学」が提示した歴史像が再検討を迫られ、さらに歴史修正主義の登場により歴史観の相克が深まるなかで、歴史学の方法、立場、叙述のスタイルなどをめぐる模索が様々に積み重ねられてきた。それらを批判的に検討することを通じて、歴史学のこれからのあり方を考察する、史学史的な視点からの歴史評論を集成する。現代文庫版オリジナル。解説・戸邉秀明。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  近時、歴史学についての論考を活発に著している成田龍一氏の論考を、全3冊にまとめた第一冊目。本書は、歴史学のかたちと位置を、時間の推移のなかで考える、史学史という領域にかかわる論考を軸に編まれたもの。

     戦後歴史学、60年前後からの民衆史研究、70年代後半からの社会史研究、という流れと重畳的な重なりがあったとの基本的認識に基づき、歴史認識、歴史叙述等について様々な角度から論じられている。   

     文章では良く目にしていた、"言語論的展開"が歴史学に与えた影響というものがこれまで良く分からなかったのだが、本書の諸論を読んで、自分なりに整理できたのが収穫だった。

  • 東2法経図・6F開架:B1/8-1/432/K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

日本女子大学名誉教授
『近現代日本史との対話』(2 冊、集英社新書、2019 年)、『歴史論集』(3 冊、岩波現代
文庫、2021 年)など。

「2021年 『対抗文化史 冷戦期日本の表現と運動』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成田龍一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×