曲説フランス文学 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020026

作品紹介・あらすじ

ラブレー研究で知られるフランス文学の泰斗が、わかりえたことだけを綴ったというフランス文学探究。中世から現代までの文学的な題材を論じながら、著者の深い人間洞察・批評精神が披瀝される。ラブレー的ユーモアを穏やかに変奏しつつ、イロニーと博識が充満する。きまじめにして抱腹絶倒のフランス文学通史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • via 松岡正剛「多読術」

  • 111夜

  • 読みやすいのでお勧め

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

フランス文学者。1901年、東京生まれ。1925年、東京帝国大学文学部仏文科卒業。東京高等学校(旧制)教授を経て、48年、東京大学教授、62年、同大学名誉教授。文学博士。1975年、逝去。主な著作に『フランソワ・ラブレー研究序説』『フランス・ユマニスムの成立』『フランス・ルネサンスの人々』『戦国明暗二人妃』『世間噺・戦国の公妃』『世間噺・後宮異聞』など、おもな翻訳書にエラスムス『痴愚神礼讃』、ラブレー『ガルガンチュワとパンタグリュエル物語』など。



「2019年 『ヒューマニズム考 人間であること』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.K.ユイスマ...
ポール・オースタ...
ウンベルト エー...
レーモン クノー
マックス エルン...
ウンベルト エー...
ヴィクトール・E...
J.L. ボルヘ...
ヴィリエ・ド・リ...
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

曲説フランス文学 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×