老いの楽しみ (岩波現代文庫―文芸)

著者 :
  • 岩波書店
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 静かに堅実にしなやかな頑固さで生きた女性。

    下町の規律と人情が人柄の根底にある。

    「誰も彼も世話好きで、困っている家があればすぐ飛んで言って手を貸すのが当たり前になっていたけれど、お互いの位の中に首を突っ込むことは決してしなかったから、よけいな神経を使うこともなく、なんとなくフンワリと暖かい毎日があったような気がする。
    少々貧しい人も豊かな人をうらやまないし、すこし豊かな人も、貧しい人を見下したりしなかった。」「いいことは自分のせい、悪いことは人のせいにしてはいけない。」
    心にさす名言。

    小雨の降る朝、竹篭をもって新聞受けまで歩き、ポストにぎっしりとさしこまれた6種の新聞を取り出す。
    朝の片付けの後の2時間ほどかけてゆったり読む。
    夫婦どちらかが時間がないときは、ゆっくり読んだほうが「本日のおすすめ品」として赤鉛筆でしるしをつける。
    「知りたがり屋の老人」生活、あこがれる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1908年、東京生まれ。女優、随筆家。出演作に「赤線地帯」「駅前シリーズ」など多数。『私の浅草』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。おもな著作に『貝のうた』『老いの楽しみ』など。1996年没。

「2015年 『ひんやりと、甘味 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

老いの楽しみ (岩波現代文庫―文芸)のその他の作品

老いの楽しみ ハードカバー 老いの楽しみ 沢村貞子

沢村貞子の作品

ツイートする