三文役者の死―正伝殿山泰司 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020170

作品紹介・あらすじ

殿山泰司は髪の毛がなくなって売れだした。奇行変癖を衒い、ジーパン、サングラスの自称三文役者は、ミステリーとジャズと女をこよなく愛し、権力と権威を嫌ってしたたかに脇役を演じ続けた。死後、二つの墓ができた彼の人生とは何だったのか-。交友五十年の新藤監督による鎮魂の評伝。映画『三文役者』原作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「三文役者」という竹中直人さん主演の映画の原作。
    映画が面白くて、興味を持ったので読んでみましたよんw

    自称三文役者は,ミステリーとジャズと女をこよなく愛し,権力と権威を嫌ってしたたかに脇役を演じ続けた。
    愛人と暮らし、奥さんのもとにも顔を出す。
    そして死後、平等に(?)分骨され、2つの墓ができた。
    破天荒ながら、多くの人に愛された名脇役:殿山泰司さんの評伝。

全1件中 1 - 1件を表示

三文役者の死―正伝殿山泰司 (岩波現代文庫)のその他の作品

新藤兼人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坪内 祐三
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

三文役者の死―正伝殿山泰司 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする