茂吉晩年―「白き山」「つきかげ」時代 (岩波現代文庫)

著者 : 北杜夫
  • 岩波書店 (2001年4月16日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020309

作品紹介

話題作『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』につづく『斎藤茂吉伝』四部作の完結編。偉大な歌人の最後の輝きを描き出す一方で、老い衰えてゆく父親の悲しいながらもユーモラスで人間くさい実像を、作家北杜夫が身内ゆえに知りえた数多くのエピソードとともに浮き彫りにする。茂吉理解に新しい広がりを供する力作。

茂吉晩年―「白き山」「つきかげ」時代 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 茂吉の最期、老人性痴呆、廃人などという言葉が刺さった。祖父母の最期を思い出した。

全1件中 1 - 1件を表示

茂吉晩年―「白き山」「つきかげ」時代 (岩波現代文庫)のその他の作品

北杜夫の作品

茂吉晩年―「白き山」「つきかげ」時代 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする