西遊記の秘密―タオと煉丹術のシンボリズム (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.79
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020705

作品紹介・あらすじ

一見いかにも荒唐無稽、でたらめだらけであるかのごとき小説『西遊記』。この作品は、実は、世界を解釈しようとするメタフィジックな欲求にとりつかれた人々がでっちあげた、壮大な知的遊戯のテキストであった。『西遊記』の中にちりばめられたタオと煉丹術のシンボリズムを解読し、隠された世界解釈の謎に迫る、全く新しい『西遊記』論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文庫版。何で自分がこっちを登録していたのかは不明。
    出版されたんが結構前なので、今は研究が進んでいる部分も多いと思うけどもとても興味深く読んだ。
    星の話が面白かった。西遊記読んでたときから星たちのことは気になっていたのよ。二十八宿と十二支とか。
    あと、なた太子の話も面白かった。封神演技との関わりの話も面白かったんやけど…封神演技よく知らんくて…。前に偕成社の封神演技読んだんやけどな…全然予備知識ないわ。藤崎竜の封神演技しかわからんわ。

  • 福武書店から1984年に出版された元版で読んだ。
    その後、福武文庫にも収録されたが品切れのようである。

    目次(岩波現代文庫版)
    1 孫悟空の誕生と再生(子供を生む石―孫悟空の再生
    龍からの変身―孫悟空のもうひとつの誕生 ほか)
    2 『西遊記』の隠秘学(五行思想と『西遊記』―挿入詩の謎
    鉛と水銀の物語(煉丹術の秘法
    かくれたるポルノグラフィー) ほか)
    3 『西遊記』の社会学(星の化身たち―中国古代の夜空
    神々のヒエラルヒー―道教と民間信仰 ほか)
    4 『西遊記』の解体学ノオト(呉承恩と邱処機―作者をめぐる誤解
    『西遊記』の周辺―その成立前後 ほか)

    元版表紙画像
    http://lh6.ggpht.com/_A53tYw7stVg/SdjrwdA8FuI/AAAAAAAAAB8/qSX1WnBIN9w/%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86285x400.jpg

全3件中 1 - 3件を表示

西遊記の秘密―タオと煉丹術のシンボリズム (岩波現代文庫)のその他の作品

中野美代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
J.L. ボルヘ...
宮部 みゆき
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする