写真論集成 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.32
  • (1)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020729

作品紹介・あらすじ

伝説の写真雑誌『プロヴォーク』の理論的支柱であった著者の三〇年にわたる写真論を集成。内容は、写真の形而上学的考察、写真史を画した写真家論、人間の知覚を変容させた科学写真論、写真メディアの誕生と崩壊、ファッション写真論に及ぶ。写真に何が可能かを問いながら、世界を認識する手がかりを求めた写真論の極致。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主体の意識を考えた時、写真は不便なもの。自分の内部にある思想を写真によって表現しようとする考えは、いつも写真によって裏切られる。写真家はあらゆる表現者の中でも、もっとも不自由な人間ではないか。心の中をあらわそうとしても映るのは外にある対象である。

  • 13.10.15挫折

  • アジェとザンダーについての部分に
    引かれました。
    一章に収録の文章も貴重だと思われます。

  • 出てくる写真集をとても見たくなる。見たことのあるものでももう一度見たくなる。

全5件中 1 - 5件を表示

多木浩二の作品

写真論集成 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする