一葉語録 (岩波現代文庫)

制作 : 佐伯 順子 
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006020866

作品紹介・あらすじ

明治の世をひたむきに生きた作家樋口一葉の言葉を、日記、手紙、小説から選び原文と現代語訳で紹介。貧苦の中でも志高く、恋に文学に社会そのものに真剣に向き合った一葉の魅力溢れるメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「外つ国の花やかなるをしたひ、我が国振のふるきを厭ひて、うかれうかるゝ仇ごころは、なりふり住居(すまひ)の末なるより、詩歌政体のまことしきにまで移りて、流れゆく水の塵芥(ちりあくた)をのせてはしるが如く、何処(いづこ)をはてととゞまる処をしらず(中略)かくて流れゆく我が国の末、いかなるべきぞ」

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:910.268||S
    資料ID:95040634

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする