とむらい師たち―野坂昭如ルネサンス〈5〉 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021160

作品紹介・あらすじ

死に顔がもっている威厳と迫力に魅せられ、万国博に対抗して葬儀博の実現にかける「ガンめん」。葬儀のレジャー産業化に狂奔する「ジャッカン」。とむらい師たちの奇行と愚行、笑いと哀しみ。独自の終末観に基づいて「生」を肯定する「死」への想像力が発揮される。他に異色作「あゝ水銀大軟膏」「四面凶妻」「ベトナム姐ちゃん」「うろろんころろん」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「うろろんころろん」の全編下ネタ全開のどうしようもなさは野坂作品の特徴であるラストの斜め上の展開が逆にまともに思えるほど酷い。「おさえチンと申しますと」「おさえねえと、きついわやくのチン、チンにはこの他、すだれチン、けんいちチン、つまみチン、はさみチンとありんす」じゃないってーの。おかげで表題作の「とむらい師たち」の坂道を転がり落ちていくように超展開を見せてある種落ち着くところに落ち着くラストの衝撃も「ベトナム姐ちゃん」のやるせなさと哀愁漂うラストも全部が吹き飛んでしまいましたわ。

  • 先日「おくりびと」が世間を騒がせたが
    それとはまさに反対ともいえる作品。

    死というものさえひとつのビジネスとする主人公をとりまいた
    ミステリーともファンタジーともいえる作品。

    他にも4作品が載せられている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年、神奈川県鎌倉市生まれ、「アメリカひじき」「火垂るの墓」で直木賞、『同心円』で吉川英治文学賞、『文壇』およびそれに至る文業により泉鏡花文学賞を受賞。2015年、没。

「2017年 『とむらい師たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野坂昭如の作品

ツイートする