童女入水―野坂昭如ルネサンス〈7〉 (岩波現代文庫)

  • 18人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 岩波書店 (2008年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021184

童女入水―野坂昭如ルネサンス〈7〉 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母親の虐待によって殺される幼女を描いた表題作「童女入水」に代表されるように、少し時代が新しい時期の作品群のせいか戦争や焼け跡といったモチーフが後退し、その分もう一つの野坂作品のテーマである「親と子」が前面に出てきたような印象。この短篇集の中では、おそらく水俣病を題材にした情緒豊かアダムとイブの物語「されど麗しの日々」が一番良かった。

  • 蔵書はS48年初版。岩波の文庫と同じ収録になっているかは未確認。『受胎旅行』の頃と比べると多少文体は硬くなっているものの、女の因業・哀切を描いた逸品。現代の作家とは根底にあるものが違うなと痛感。

全2件中 1 - 2件を表示

野坂昭如の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

童女入水―野坂昭如ルネサンス〈7〉 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする