増補 戦後写真史ノート―写真は何を表現してきたか (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.85
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021320

作品紹介・あらすじ

第二次大戦後から現在まで、日本の写真は何をどう表現してきたのだろうか。日本の『ライフ』を目指した名取洋之助、リアリズムにこだわった土門拳、日本人の原像を追い求めた東松照明、「私写真」の世界を切り開いた荒木経惟など、代表的写真家の活動を中心に、戦後日本の写真表現の歴史を描き出す。戦前からのつながり、九〇年代以降の動向もおさえた増補改訂版。

著者プロフィール

1954年宮城県生まれ。写真評論家。
1977年日本大学芸術学部写真学科卒業、1984年筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書=『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書、1996)、『私写真論』(筑摩書房、2000)、『デジグラフィ』(中央公論新社、2004)、『写真を愉しむ』(岩波新書、2007)、『増補 戦後写真史ノート』(2008、岩波現代文庫)、『アフターマス―震災後の写真』(菱田雄介との共著、NTT出版、2011)ほか。

「2017年 『キーワードで読む現代日本写真』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯沢耕太郎の作品

増補 戦後写真史ノート―写真は何を表現してきたか (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×