生キ残レ少年少女。 (岩波現代文庫)

  • 13人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 岩波書店 (2008年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021429

作品紹介

「生キ残レ少年少女。」はコメのテレビCM制作時のコピーである。「二度と飢えた子供の顔はみたくない」という著者の気持ちがこめられている。「農業は文化である。農業を棄てることは文化を棄てること。文化なき国が栄えたためしはない」。自給率低下、汚染米や毒入り野菜など日本の農と食のひずみを「焼跡・闇市派」の作家が撃つ。

生キ残レ少年少女。 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今の日本で『飢え、飢える』という経験をするような人間がいるのか?という思いがありましたが、自分自身でそういう経験をした今だからこそ作者の言っていることがわかるような気がします。

    この本はバブルのときに書かれたものなんだけれども、作者は『火垂るの墓』で描かれたとおりの飢え・餓えを経験している。握り飯ひとつを奪い合って親と子が殺し合いのいさかいをする。そんなことがあってはいけない。という切実な内容です。この本のタイトルの元ネタとなったのは、コメのテレビCMのために作ったキャッチコピーからきているのだそうです。

    いわく
    「農業は文化である。農業を棄てることは文化を棄てること。文化なき国が栄えたためしはない」
    このことを野坂先生は徹頭徹にわたって繰り返し、この本の中で言い続けております。思えば戦後の日本はアメリカの政策なのかどうなのか私には定かじゃございませんが。『食べる』ということと、『食べ物』を作るということがずっとないがしろにされ続けてきたわけで。その付けが先進国ではほぼ最低水準の食料自給率を更新しているわけです。

    バブル期の日本はまだお金があったから
    『食糧は海外から金を払って輸入してくればいい』
    なんてことを声高にいう人が大勢いましたけれど、今の不況にあえぐ日本が同じことができるかというのははなはだ疑問なわけで、今、餓死者が出るほど貧困と格差が広がるこの日本で、もう一度この人の言葉に耳を傾ける必要があるのではないのでしょうか?

  • お米値段が気になるようになった。
    資本主義とかそういう話ではない。
    とにかく妹を餓死で亡くした著者の言葉。

  • 09052

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

生キ残レ少年少女。 (岩波現代文庫)のその他の作品

生キ残レ少年少女。の詳細を見る 単行本 生キ残レ少年少女。 野坂昭如

野坂昭如の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

生キ残レ少年少女。 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする