あ・うん―向田邦子シナリオ集〈1〉 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.10
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021443

作品紹介・あらすじ

昭和十年、東京・芝三光町あたり-。製薬会社勤めでつつましく暮らす水田仙吉一家を、軍需景気で羽振りのいい鋳物工場社長の門倉修三が迎えた。一対のこま犬のような二人の友情を軸に、ふた家族六人と、お妾さんに子供、山師仲間と謎の親戚らが織り成す人間模様。戦争間近の情景と、ユーモアあるセリフ、秘めたる性の表現を、十八歳の一人娘さと子の目線で描ききる。高視聴率を記録した、向田邦子最後の長編ドラマ。関連資料付。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あまり入り込めず…、また機会があれば読みたい。

  • なるほど。

  • 向田邦子と出会ったのは大学生のときで、今は作家になった、当時雑誌の編集長だった方に勧められた。
    当時から感想は変わらない:本当にこの人は、人を、その感情を知っている。そう思う。
    女の、強かで、強く、感情的で熱を帯びた部分。男の、夢や、理想や、痛み。それらが惜しげも無く書かれている。
    人間らしさがつまった、向田邦子という人物がありったけ詰め込まれた、そんな一冊。10年後、もう一度読みたい。

  • 会社勤めの水田と友人の会社社長門倉。こま犬のあ・うんのように見える男二人を水田の妻と娘、門倉の妻と愛人が絡まり合う。女性の強さ、怖さ、そして奥深さが隅々に行き渡っている。ト書き一つまで人の情と生活の風景が瑞々しく表れる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1929年、東京生まれ。脚本家、エッセイスト、小説家。実践女子専門学校国語科卒業後、記者を経て脚本の世界へ。代表作に「七人の孫」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」。1980年、「花の名前」などで第83回直木賞受賞。おもな著書に『父の詫び状』『思い出トランプ』『あ・うん』。1981年、飛行機事故で急逝。

「2020年 『向田邦子ベスト・エッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向田邦子の作品

あ・うん―向田邦子シナリオ集〈1〉 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×