阿修羅のごとく―向田邦子シナリオ集〈2〉 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.40
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021450

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館本。 160

  • 1979年制作のテレビドラマ。父の愛人問題の発覚をきっかけに、未亡人、主婦、独身、同棲中と其々の生活を送る四姉妹が繰り広げる家族劇。キャラクター設定が秀逸。配役は加藤治子、八千草薫、いしだあゆみ、風吹ジュンと豪華。

  • こちらは小説も出ているけど、あえてシナリオ集をすすめます。
    ト書きでこれだけ情景がわかるのもなかなかすごいと思います。
    『あ、うん』とあわせて読んでほしいです。

    NHKでもう一回ドラマ化してほしい。

  • ふっとページをめくったらその手が止まらず読了。
    やっぱり女って凄いわ。

  • 1979

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1929年東京生まれ。放送作家としてラジオ・テレビで活躍。「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」等。1980年に短篇小説「思い出トランプ」で直木賞受賞したが、81年8月飛行機事故で急逝。『父の詫び状』等。

「2016年 『お茶をどうぞ 対談 向田邦子と16人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向田邦子の作品

ツイートする