『断腸亭日乗』を読む (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021511

作品紹介・あらすじ

永井荷風(一八七九‐一九五九)は三十八歳から七十九歳の死の前日まで四十二年間にわたって日記『断腸亭日乗』を書き続けた。本書は『日乗』に「老人の性と生」という視点で自らの老いの心境を読み込みつつ迫る出色の荷風論である。荷風晩年に焦点を合わせ、戦災日記、荷風の女たち、社会を見る目、『〓(ぼく)東綺譚』について、著者独特の読みが展開される。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永井荷風も新藤兼人さんもあまりご縁がないのだけれど、昭和史の本を読んでると、永井荷風の日記というのがよく出てくるので、読んでみた。新藤さんのセミナーを原稿に起こしたものなので、初心者の入門編としては読みやすい。しかし、「つれづれなるあまり余が帰朝以来馴染みを重ねたる女を左に列挙すべし。」ときて、実際に、一 ◯◯、二 △△って、本当に延々列挙するとはねぇ。

全1件中 1 - 1件を表示

新藤兼人の作品

ツイートする